もしかしたらそれ、フラれる寸前かも……!?二人の関係に現れる危険信号とは?? Vol.5 カテゴリー:恋愛

□カレが出している、終わりに近づいているサインはこれ!!見逃さないで!!「デートをしなくなった」

カレが出している、終わりに近づいているサインのうちの一つとして「デートをしなくなった」というものがあります。
出会った当初や、付き合って最初のころは、よく二人で一緒にどこかに出かけたことが多いですよね。

昔はデートといえば外に出ることが多かったのに、最近では、会ったとしても家でだらだらするばっかり……。なんてこと、ありませんか?
あなたとしては、どこか外に出たいと感じていても、カレが「えー、どこにいくの?」「またそこ?」「そこに行って何するの?」なんて、いちいちイチャモンをつけたりしてきませんか?

昔であれば、こうしたイチャモンをつけるような行動って、なかったはずですよね。
昔であれば、あなたが「ここに行きたい」「あれをしたい」と言ったら、笑いながらでも、嫌な顔は決してしないで、あなたと外に出たはずです。

それがなくなってしまったのを、感じとってしまうような行動ですよね。
「ずっと、何をするでもなく家でだらだらするだけなんて、デートだなんて言えない」と、どこかで思っているのではないでしょうか?

どちらかの家で、ときにはゆっくりすることも必要ではありますが、それが毎週や、会ったときには必ずそうなる、というのが、あなたの望んだ関係なのでしょうか?
一度この状況に入り込んでしまうと、抜け出すのはとても困難になってしまいます。

一度家でだらだらすることを受け入れてしまうと、それをカレに「イヤだ」と言うのは、時間が経てばたつほど、言いにくくなってしまいます。
そうなってしまうと、再びカレと外にデートに出ることは、全くなくなると言っても過言ではないでしょう。

もしあなたが外に出るのが好きなタイプなのであれば、さっさとそんなカレには見切りをつけてしまうべきです。
カレのなかではそうでなくとも、相手としては「適当に扱われてしまっている」と感じることです。

外で全くデートをしなくなったら、それはカレが出している「終わりのサイン」なのかもしれません。

いかがでしたか?
いくつかの状況に、陥ってしまった人もいるでしょう。

これを参考に、カレとの関係を見直してみてくださいね。


 

カテゴリ一覧

遠距離恋愛が出来る人の特徴について | お問い合わせ | プライバシーポリシー | ご利用上の注意

遠距離恋愛が出来る人の特徴